春のワルツ 第12話「愛の宣言」

チェハとウニョンの親密そうなビデオを見てしまったフィリップは、いきなりチェハを殴りつける。チェハが人を好きになったのは初めて。フィリップはそのことは評価しつつも、ウニョンは譲れないと宣言する。

ウニョンは再三にわたり、チェハの母チスクから身を引くように迫られていた。そしてフィリップと共にビデオを見てしまったイナも、激しくウニョンを責め立てる。自分の存在が、チェハとフィリップの友情をも切り裂こうとしていることに心を痛めたウニョンは、ついに退職を決意。時を同じくして、チスクがウニョンの働いていた海苔巻き屋を買収してしまう。

ウニョンの居場所が分からなくなってしまったチェハは、必死にウニョンを探し回る。その一方で、チェハの両親による婚約発表の計画が着々と進められていた……。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31691684
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。