『春のワルツ』最高のラスト

もうご覧になった方が多いと思いますが、『春のワルツ』テレビドラマでは放送されなかった部分を含んだDVDの特典映像です。
しあわせな二人の様子を見るにつけこれまでの紆余曲折はこのためにあったのだと納得。
先に目覚めたチェハがウニョンの寝顔を見るうれしそうなイタズラっぽい笑顔がたまりません。
背の高い二人が子どもを連れているシルエットが絵のようですね。
しあわせを絵に描いたようなラストです。
どんなにつらいドラマでもこうでなくっちゃ。
やっぱり私はハッピーエンドが好きだなぁ。
しあわせなほうがいいですよね。



ソ・ドヨンと歩くソウル


★韓国ドラマ春のワルツTOPへ
feedpath Rabbit Tags: ,   generated by feedpath Rabbit

ソ・ドヨンとイ・ジス二人羽折動画

NHKのハングル講座での動画でしょうか。
そういえばこの前ハングル講座を何気なく見たら『春のワルツ』から映像を使って会話を習うコーナーがありました。
ソ・ドヨンとイ・ジスの二人羽折状態でのピアノ演奏は有名ですがあらためてたねあかしを見ると笑えますね。

こちらをクリック→ソ・ドヨン、イ・ジス二人羽折演奏動画
★『春のワルツ』グッズを探す★


★韓国ドラマ春のワルツTOPへ
  generated by feedpath Rabbit

ウニョンの歯磨き画像

春のワルツ』ウニョンの歯磨き画像です。
NHK版ではカットされていましたが第7話でウニョンが洗面所ではお磨くシーンからの画像です。
普段からぽよよんとしている天然系のウニョンちゃん。
寝起きでいっそう世間に遠い感じが出ていますね。

ウニョンの家はチェハの部屋とは大違いで、天井は低いし、洗面所もこの通りの非常にチープなわび住まいですが、私はこれがけっこう嫌いではないんですね。
ウニョンお部屋のいかにも自分でペイントしたようなカラーコーディネイトも可愛くって好き。
中国で生活していたころ、やっぱり狭い部屋で自分なりに工夫して暮らした楽しさにつながるのかもしれません。
庭は広いほうがいいけど、部屋は小さくてなんでも手が届くくらいがいいなぁ。
最近忙しくてブログの更新も滞りがちですが、涼しくなって暇になったら部屋の模様替えなどしてみたいと思ってます。
ウニョンの部屋をちょっと参考にね。
이미지를 클릭하면 원본을 보실 수 있습니다.

★『春のワルツ』グッズを探す★



★韓国ドラマ春のワルツTOPへ

  generated by feedpath Rabbit

青年らしいソ・ドヨン画像

ソ・ドヨンにしてはちょっと珍しい表情のような気がする画像です
目を少し細めているせいか青年っぽい印象ですね。
いや、いつも青年なんですが大きな目を見開いて口をきゅっと結んでいるときは可愛らしさが勝って、少年よりの青年になる気がします。
こういう表情一つ見ても今時の普通の若者ではない、芸術家であるチェハのイメージがよく出てるなぁと関心。
だからといってそういう王子様しかできない俳優ではなくちゃらちゃらした若者もコンビニで働くまじめな青年もこなしてしまうところがソ・ドヨンのすごいところ。
正直なところなんだかんだ言っても春のワルツ』はソ・ドヨンで持っているなぁ、とつくづく思っちゃいます。
ハンサムだからじゃないですよ、彼の演技力でね。

ソ・ドヨングッズを探す★


★韓国ドラマ春のワルツTOPへ

  generated by feedpath Rabbit

フィリップとウニョンが石を積む画像。

春のワルツ』フィリップとウニョンが石を積む画像。
日本ではこんなふうに石を積み上げたら「ひとつ積んでは親のため〜♪」って感じでちょっとウェットなというかオカルトの香り漂うような行為ですが、韓国では願い事をかなえるおまじないのような習慣なんですかね。
それともユン・ソクホ監督の創作でしょうか?
ちなみにフィリップが着ている紫と水色のアーガイルのセーターとってもステキですよね。
紫と水色っていうのはとてもおしゃれな組み合わせで大好きなんです。
このセーターは水色がとても鮮やかなので、素人さんではかえって田舎くさくなりそうなところですが、ダニエル・ヘニーは難なく着こなしてさわやか!
のどかな青山島の風景の中で目の覚めるような色合いが印象的です。

  generated by feedpath Rabbit

ウニョンの母の墓前で謝るチェハ

春のワルツ』第14話、ウニョンのお母さんのお墓の前で謝るチェハ。
「おばさん、覚えてますか。スホです。ごめんなさい。」
というスホがかわいそうな子どもに見えました。
泣きながら謝るチェハのアップが続きますが、その前のお墓の前にひざまずくところからもう子どもになってるんですね。
ついついアップに目を奪われがちだけど、そこだけ涙を流して雰囲気を作っているんじゃなくて、ちゃんとその前の気持ちがつながっているんですね。
うーん、ソ・ドヨンなかなか侮れないやつ(侮っていたわけではないすよ)。
悪いことをして、それを本当に悪いと思っている子どもが、何といって謝っていいのかも分からないけれどとにかく「ごめんなさい」と謝っているように見えました。

青山島でウニョンもいておばさんの墓の前であの日のスホに戻って謝っている姿が胸をうつわい。
harunowarutu.bozen1.jpg
harunowarutu.bozen2.jpg

★韓国ドラマ春のワルツTOPへ



ウニョンとミジョン仲良し画像

幼なじみで親友のウニョンとミジョン。
以前留学していた頃のルームメイトが、ちょうどミジョンのような明るくて元気のいい子で本当に仲良しだったので、ウニョンとミジョンを見るとその頃の自分たちのような気がしてなつかしいです。
あんなふうにひとつ部屋に住んで将来のことや恋の悩み、男の子のことなんかを夜中まで話したり、朝方に帰ってくるのをこっそり寮の鍵を開けて入れてあげたり・・・
大人になるとなかなか子どもの頃の親友同士のようにはつきあえないですよね。
たいしたことのない秘密を分かち合ったり、一緒に泣いたり・・・
そんな日々はもうないなぁ、と思うとちょっと切なかったりして。 春のワルツも青春のドラマですよね。 人を愛することはいくつになってもあるけれど、こんなふうな愛しかたが出来るのは一時のことのような気がします。
まだ人生の春にいる若者たちのドラマだなぁ。
私もまだ夏くらいですけどね。




★韓国ドラマ春のワルツTOPへ

  generated by feedpath Rabbit

ソ・ドヨンとハン・ソイのツーショット

ソ・ドヨンとウニョンの少女時代を演じたハン・ソイのツーショット画像です。
画像をみただけでもほほえましい空気が漂っていますね。
優しいお兄さんにかわいい妹といった感じです。
勝手に想像しただけなんですが、ソ・ドヨンはこどもや動物に好かれる青年なんではないかしら…?
ちょっとシャイな部分もあって自分から前に出て行くような人ではないけれど、親しみが増せばはしゃいだりお茶目な部分も顔を出す。
いったん心を開けばどこまでも誠実であろうとする、そして努力家。
私は彼にはそんな印象がありますがみなさんはいかがでしょうか?
songdoyong4.jpg

★韓国ドラマ春のワルツTOPへ

ソ・ドヨンの生歌が聴ける!ユン・ソクホ監督のドラマコンサート

“冬ソナ”から4年! ユン・ソクホ監督が奏でる至極の物語
YOON’S COLOR 感動の4部作 ここに集結 !! 

“冬ソナ”のユン・ソクホ監督プロデュース<ユン・ソクホ ドラマコンサート 冬のソナタ〜春のワルツまで>が、5月16日、17日の2日間に渡り、東京国際フォーラムで開催される。

同コンサートは、韓流ブームの仕掛け人、ユン・ソクホ監督の名作ドラマ『冬のソナタ』『秋の童話』『夏の香り』『春のワルツ』の“四季シリーズ”集大成。当日は、監督自ら本イベントのために編集したディレクターズ・カット版の映像が上映される。

また、ドラマ『春のワルツ』に主演し、人気急上昇中のソ・ドヨンが来日。ボブ佐久間指揮のもとフルオーケストラをバックに同ドラマの主題歌を熱唱し、同ドラマではピアニスト役ということから、ドラマ『冬のソナタ』のピアニスト、イ・ジスとピアノを連弾演奏。さらに、ユン・ソクホ監督作品の常連、“大韓民国の母”女優キム・ヘスク、『秋の童話』の俳優イ・ハンウィ、“冬ソナ”のキム次長ことクォン・ヘヒョも出演。チョン・イルヨン(『秋の童話』)ら、“四季シリーズ”の主題歌を歌ったミュージシャンも勢ぞろいするなど、ファンにはたまらない構成となっている。

チケットは4月8日より、各プレイガイドで発売


★(yahooニュース)“冬ソナ”のユン・ソクホ監督 ドラマコンサートを開催

先日NHKで放送された特別番組「ようこそ春のワルツへ」でもソ・ドヨンくんが春のワルツ主題歌「flower」を披露しましたが、彼の歌はなかなかのものですね。
俳優もいいですが歌手としてもバラードを歌ってほしいと思いました。
最近は俳優でも売れたら誰でもCDを出しますが、やっぱりそういうことは歌える人だけがやっていいことだと思います。
ソ・ドヨン君はもちろん合格!

NHK総合での放送もいよいよ明日からですね。
2007年4月7日(土)午後11時10分〜0時4分
みなさんお見逃しなく!

★韓国ドラマ春のワルツTOPへ

【動画】春のワルツフィリップとチェハのピアノ連弾メイキング

フィリップとチェハのピアノ連弾シーンのメイキングです。
さすがに特訓をつんだとの噂どおりソ・ドヨンくん、ちゃんと弾いてますねぇ。
弾きながらフィリップに指示したりなんかしてちょっと余裕を見せてます。
ピアノの弾けない俳優がピアニストの役をやるドラマの不自然さが「春のワルツ」にはなかったのは、これだけちゃんと練習していたからなんですね。

ドラマの中で「チェハは指がきれいだから指輪が似合う」っていうようなウニョンの台詞がありましたが、指のきれいな人がピアノを弾くのもこれまた美しいんですよねぇ。
4月からはこのへんもがっつりと鑑賞したいと思います。




★韓国ドラマ春のワルツTOPへ

春のワルツ第20話「愛と希望の島」

記者会見の席で、素性を問う記者からの質問にチェハが答えようとしたその時、会場に来ていた実父チョンテが、「自分の息子ではない」とチェハの言葉をさえぎる。「スホは自分のせいで今も行方不明だ」というチョンテの発言により、誘拐疑惑は一応の収まりをみせるが、この会見により、チェハとイナの結婚話が正式なものとなる。テレビで会見を見たウニョンは、チェハに電話を掛け、改めて別れを告げる。

その後心機一転、ウニョンは再びアクセサリーの制作販売を始め、精力的に仕事に打ち込んでいく。一方、チェハもCDが飛ぶように売れ、コンサートの開催も決定する。

コンサート当日。ピアノの中にウニョンの作った貝殻細工を置きながらリハーサルをするチェハ。そのことに気づいたイナは、しっとからその貝殻を黙って捨ててしまう。コンサートが開演。ピアノの席に着いたチェハは、貝殻がないことに気づき、舞台袖に引き上げて探し始める。そして、ゴミ箱の中にあった貝殻を取ろうとして、指を深く切ってしまう……。


いよいよ今日が最終回。
でもタイトルが「愛と希望の島」ですから、
愛と希望のある最終回になるのでは!

昨日ハン・ヒョジュの来日ニュースをお知らせしましたが、ユン・ソクホ監督とソ・ドヨンも先に来日していたようですね。

タグ:春のワルツ

春のワルツ 第19話「誘拐疑惑」

スホが幼い頃突然姿を消し、別人ユン・ジェハとして生きてきたのは、すべて自分の手術代のためだったことを知ったウニョン。チェハが姿を消したことを知ったウニョンは、幼い頃スホとボートで流れ着いた島へチェハを探しに向かう。ウニョンが、かつて世話になった老人の家を訪ねると、チェハがそこをすでに発った後であることを聞かされる。ウニョンは急いで船着場へ向かうが、すでにフェリーは出航してしまっていた。途方に暮れたウニョンは、幼い頃スホと二人で歩いた思い出の林をあてもなく歩きだす。

チェハに加えウニョンまでもが姿を消したことを知ったイナは、二人が一緒であると思い、探し出そうと躍起になる。そんなイナを、「二人は結ばれる運命なのだからあきらめろ」と諭すフィリップ。そして、15年前スホがチェハとして生きることを決意した理由をイナに聞かせる。

その頃、ヒジンの働く新聞に、チェハの養父ミョンフンの誘拐疑惑の記事が報じられる。次期外務大臣候補ミョンフンと天才ピアニストである息子チェハのスキャンダルに、マスコミが大勢押し寄せる。


いよいよ「春のワルツ」も後2話となってしまいましたぁ。

今回チェハとウニョンはやっとお互いの気持ちを確かめ合うことができるのですが、まだまだ問題は残っています。もうやだ〜(悲しい顔)

イナも本当にかわいそうなんですが、気持ちの表し方がまずいんで泥沼ですねぇ。

おんなじかわいそうでもフィリップを見たまえ!
大人だ、というか人間ができてる!
なかなかあんなふうに人を愛せませんよねぇ。たらーっ(汗)



★韓国ドラマ 春のワルツTOPへ
タグ:春のワルツ

春のワルツ 第18話「悲しい誕生日」

ウニョンは、フィリップと一緒にアンドン(安東)にあるフィリップの母の実家を訪ねていた。しかし、初めて会った祖父はフィリップの存在を全否定。二人は門前払いにあってしまう。

翌日はウニョンの誕生日。しかし、その日は母ヘスンの命日でもあったため、盛大に祝うことができない。出かけようとしたウニョンを、外で待ちかまえていたチェハは、無言で車にのせ、遊園地へと連れて行く。そこは、幼い頃ウニョンが「病気が治ったら一番最初に行きたい」と言っていた場所。チェハは15年前の約束を果たそうとするが、ウニョンは、自分にとっては一番悲しい日だといって涙ぐむ。

チェハのCDが発売され、サイン会が開催される。大勢のファンと記者たちでにぎわう会場に、ウニョンも足を運んでいた。しかし、チェハがウニョンに気づくと、動揺したウニョンはその場から逃げ出してしまう。チェハの養父母が会場に到着した直後、実父チョンテと息子のカングも会場に現れ……。


フィリップとウニョンがおとづれる安東の母の実家として使われている家は、何と「美しき日々」で人気の俳優リュ・シウォンさんの実家だそうです。
エリザベス女王も訪れたという、由緒正しい、築600年の伝統的な韓国式のお屋敷だそうで、彼はお坊ちゃまだったんですね。
彼の温かい人柄を感じさせる芝居はやんごとなきお育ちのせいだったかと、なるほどという思いです。



春のワルツ 第17話「許されない愛」

チェハは、ついに父チョンテに自分が息子のスホだと告げる。チェハの告白を聞いてしまったウニョンは、ショックでその場を後にする。チェハが息子スホだと知り、懐かしむチョンテに対し、チェハは、二度と現れないよう冷たく言い放つ。

チェハはウニョンを訪ねるが、ウニョンは会おうとしない。しかしその晩、互いへの思いに駆られ、チェハはウニョンの家へ、そしてウニョンは雨の中チェハの練習室へ。母の死を招き、突然姿を消したスホに対する憤りと、チェハへの愛に苦しむウニョン。翌日、練習室で顔を合わせた二人だったが、だまされていたという思いに苦しむウニョンは、話を聞いて欲しいと懇願するチェハに対し、激しく怒りをぶつけ別れを告げて出て行く。その様子を見て心配し、後を追ってきたフィリップの前で、ウニョンは倒れてしまう……。
フィリップから連絡を受けたチェハは、ウニョンの病室に駆けつけるが、彼はウニョンから拒絶されたうえ、フィリップからも「チェハは許せるが、スホは許せない」と言われてしまう。


ますます目が離せませんね。
またまたフィリップ大活躍しそうじゃないですか。
どうしてフィリップに心が動かないのだウニョン!

はやくハッピーエンドになってくれと思いながら、「でも後4話あるからまだまだ苦難は続くなぁ」などと要らぬ心配をする今日この頃です。

でも後4話で終わってしまうのも寂しいですね。
4月7日からはNHK総合で毎週土曜日の夜11:10からまた放送されるそうです。
最初の方は見逃した部分もあるのでまたあらためて楽しもうっと。

チャングムの完全版(ノーカット字幕版)も4月から毎週金曜に放送されるんですね。
字幕版はうれしいです。
声優さんの声はだいたい本当の役者の声よりも高くてアニメみたいなのでいまひとつですよね。
「春のワルツ」も字幕でやって欲しいなぁ。



春のワルツ 第16話「異母兄弟」

明日はまた「春のワルツ」の日ですね。
明日の放送第16話の予習をしておきましょう!

イナのオフィスでチェハの少年時代の写真を見てしまったウニョンは、スホにそっくりなその容姿にひどく動揺する。さらに、街でスホの父チョンテを見かけ、驚愕する。そんな折、営業を再開したウニョンの養母ヤンスンの食堂に、チョンテが現れ、食堂は大騒ぎになってしまう。ウニョンにスホの消息を問いつめられたチョンテは、「海外に出張中だ」とウソをつく。

チェハは、カングからの助けを求める電話で警察に出向く。そして、そこにいたカングの父が、自分の実父チョンテだと知り、がく然とする。しかし、チョンテはチェハが自分の息子スホであることに気づかない。

一方、友人の記者ヒジンからチョンテの写真を手に入れたイナ。ひとり考え込んでいるところに、チェハの携帯が鳴り、思わず電話に出てしまう。電話の相手がチョンテと知りイナは……。


あーいよいよウニョンにも分かってしまうのでしょうか?
でもそこを越えないと本当のハッピーエンドはありえないですし…
いよいよ目が離せなくなってきましたね。

春のワルツ 第15話「墓前の誓い」

チェハは、ソウル駅でミジョンの母を偶然見かける。ポンヒがウニョンの名を口にしているのを聞いたチェハは、ウニョンを列車に残し、ポンヒを追いかける。
結局、ウニョンは一人チョンサン(青山)島へ行くことに。
ポンヒを見失ったチェハは、幼ない頃死んだと聞かされていたソ・ウニョンの生死を再度確認するため、父の元や病院を訪れるがらちが明かず、彼もまたチョンサン(青山)島へ向かうのだった。

島の民宿でウニョンに電話をするチェハ。偶然にも隣の部屋にウニョンがいるとも知らず、チェハは彼女に「心の奥にしまった妹」の存在を明かす。すると、彼女もまた「ずっと待たせている人」がいると告げるのだった。

一方、日増しにチェハへの疑惑が募っていくイナもまたチョンサン(青山)島へ渡る……。

春のワルツ 第14話「涙の井戸」

チェハは、ソウル駅でミジョンの母を偶然見かける。ポンヒがウニョンの名を口にしているのを聞いたチェハは、ウニョンを列車に残し、ポンヒを追いかける。
結局、ウニョンは一人チョンサン(青山)島へ行くことに。
ポンヒを見失ったチェハは、幼ない頃死んだと聞かされていたソ・ウニョンの生死を再度確認するため、父の元や病院を訪れるがらちが明かず、彼もまたチョンサン(青山)島へ向かうのだった。

島の民宿でウニョンに電話をするチェハ。偶然にも隣の部屋にウニョンがいるとも知らず、チェハは彼女に「心の奥にしまった妹」の存在を明かす。すると、彼女もまた「ずっと待たせている人」がいると告げるのだった。

一方、日増しにチェハへの疑惑が募っていくイナもまたチョンサン(青山)島へ渡る……。

春のワルツ 第13話「イナの策略」

婚約発表の場で、ウニョンを「僕の愛する人」と紹介してしまったチェハ。会場は騒然となり、チェハの両親は激怒する。ウニョンは身を引こうとするが、チェハはもうウニョンを離さない決意を固めていた。

予想外の展開に腹を立てたイナはフィリップを責めるが、フィリップはだまし討ち的な婚約発表をたしなめ、「今チェハに一番必要なのはウニョンだ」と言い切る。そこでどうしてもチェハを取り戻したいイナは、ウニョンを職場に復帰させることを計画。チェハとウニョンをいつでも自分の監視下に置いておこうというのだ。ウニョンにチェハを諦めさせるため、イナの巧妙な作戦が開始される……。

春のワルツ 第12話「愛の宣言」

チェハとウニョンの親密そうなビデオを見てしまったフィリップは、いきなりチェハを殴りつける。チェハが人を好きになったのは初めて。フィリップはそのことは評価しつつも、ウニョンは譲れないと宣言する。

ウニョンは再三にわたり、チェハの母チスクから身を引くように迫られていた。そしてフィリップと共にビデオを見てしまったイナも、激しくウニョンを責め立てる。自分の存在が、チェハとフィリップの友情をも切り裂こうとしていることに心を痛めたウニョンは、ついに退職を決意。時を同じくして、チスクがウニョンの働いていた海苔巻き屋を買収してしまう。

ウニョンの居場所が分からなくなってしまったチェハは、必死にウニョンを探し回る。その一方で、チェハの両親による婚約発表の計画が着々と進められていた……。

春のワルツ 第11話「衝撃のビデオ」

チェハとウニョンのキスシーンを目撃してしまったフィリップは、CD制作の打ち合わせでチェハと衝突。そうかと思えば、突然にチェハとイナを食事に誘う。レストランにウニョン同伴で現れたフィリップは、大胆にも客たちのいる前で愛の告白を。ウニョンはフィリップの気持ちを完全に持て余していた。

イナはチェハの母チスクに接近。ウニョンを毛嫌うチスクは、チェハとイナの結婚を強く望むようになる。その晩、チェハ親子が3人で食事をしていると、たまたまフィリップが現れ、同席することに。仲のよい親子の姿を見て、孤独を感じたフィリップはチェハに漏らした。
「君はぜんぶ持ってる。その中の一つだけでいいからくれよ」

その頃、ウニョンは資料作成のため、会社からチェハのビデオ撮影を依頼されていた……。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。