春のワルツ 第10話「かけがえのない友」

フィリップにたしなめられ、ウニョンへの態度を改めようとするイナ。しかしウニョンは、文句を言いながらもチェハにどんどん惹かれていくのを感じていた。

そんな中、チェハのレコーディングへ向けての準備が着々と進んでいた。会場に選ばれたのは、川の近くに建つ教会。出発の日の朝、チェハはまたもやイナの迎えを断り、ウニョンの車に乗ることを選んでしまう。チェハはもはや、ウニョンへの思いを留めきれなくなっていた。
しかし美しい景色の中、久しぶりにフィリップと連弾をし、山歩きを楽しんだチェハは、かけがえのない友情を再確認。ウニョンへの思いとフィリップへの友情の間で板ばさみになってしまう。そんな時、教会の窓枠が壊れ、ウニョンをめがけて落ちてくるというアクシデントが!フィリップはとっさにウニョンをかばって……。


春のワルツ 第9話「失敗に乾杯」

チェハのロード・マネージャーとして働き始めたウニョンだったが、イナには冷たく扱われ、チェハからも怒られてばかり。しかし持ち前の明るさで徐々にチェハの心をつかんでいく。そんな二人の姿を見たチェハの母チスクは、気が気ではない。苗字こそ違え、「ウニョン」という名がどうしても気になるのだ。チスクは夫ミョンフンに、幼き日に別れたウニョンが今、どこにいるのか調べて欲しいと頼み込む。一方、大臣の座を目前にしたミョンフンの元にも、「チェハの子供時代について知りたい」と、イナの友人記者ヒジンが訪れていた。

チェハが出演する、トンヨン音楽祭の日がやってきた。イナは会場まで一緒に行こうとするが、チェハは「コンサートの当日は一人で移動する」と、あっさり断ってしまう。イナはウニョンに、チェハを駅まで送ったら会社で資料整理をするよう命じ、一足先に会場へと向かった。初の仕事らしい仕事ができると思っていたウニョンはがっくり。その姿を見たチェハは、会場までウニョンに送ってもらうことにする。ところが事故で道は大渋滞。コンサートの開始時刻は、刻々と迫ってくる……。


春のワルツ 第8話「ロードマネージャー」

状況をよく理解できないまま、フィリップの告白を受け入れた形になってしまったウニョン。キスを迫るフィリップに、戸惑いを隠せない。遠くからそんな二人を見つめていたチェハは、静かにその場を立ち去った。
その足でホテルのレストランへと向かったチェハは、両親とイナ父娘との会食に臨む。ところが同じレストランに、フィリップとウニョンもやってきた。ウニョンにコンパクトを渡したいチェハ。しかしなかなかチャンスがない……。

ウニョンの家には、養父のトゥシクが帰ってきていた。しかしトゥシクはマルチ商法に手を染めており、店に借金の取立てがやってくる。そこにコンパクトを届けに来たチェハが来店。乱暴者たちを突き飛ばし、殴り返そうとするチェハの拳を、ウニョンはとっさに守った……。
それからというもの、ウニョンは借金返済のために奔走する。そんなウニョンの窮状を察したチェハは、フィリップを通じ、自分のロードマネージャーにならないかと持ちかけた。


春のワルツ 第7話「母の眠る島へ」

ウニョンに大切な貝殻細工の入った箱を落とされたチェハは激怒し、思わず怒鳴ってしまう。驚いてその場を立ち去るウニョン。
フィリップはチェハを責め、二人は険悪な雰囲気に。
その夜、チェハはフィリップに謝罪の電話を掛けた。
しかし「彼女を見ると、なぜか辛くなってイライラするんだ」というチェハの言葉を聴いていたのはウニョン。
実はフィリップは、ウニョンのトラックに携帯を忘れてしまい、ウニョンがフィリップの携帯電話を持っていたのだ。
思いがけないチェハの言葉に、ウニョンはますます傷ついていく……。
翌日、フィリップに携帯を届けようとホテルに行ったウニョンは、宿泊客から泥棒と間違えられ、ひと騒動に。
そこにたまたま通りかかり、ウニョンを助けたチェハは、昨日の電話に出た相手がウニョンだったことに気づく。
チェハの手元には、ウニョンが落としていったコンパクトだけが切なく残された。

嫌なことが続いたウニョンは、母親の墓参りに故郷のチョンサン(青山)島へと旅立つ。
友人のミジョンからそのことを聞かされたフィリップは、飛行機でその後を追った……。


春のワルツ 第6話「謎の小箱」

チェハは生存確認を依頼していた病院から、幼いウニョンの死亡を告げられた。あまりのショックにオーストリアに帰りたいと言い出すチェハ。ようやくウニョンとの再会を果たしたものの、ショックの反動でまたもや冷たくあたってしまう。イナはなんとかチェハをつなぎ止めようと、一緒に通ったララ小学校へとチェハを連れ出した。校庭を走り回り、何かを吹っ切ったらしいチェハは、イナにある提案をする……。
一方フィリップは、ウニョンに会えて喜び全開。ウニョンの出店にまで押しかけ、女性客の呼び込みに一役買う。フィリップの強引さに戸惑いながらも、徐々に心が癒されていくのを感じるウニョン。そんなウニョンに、フィリップはついに、胸のうちを打ち明ける決意をする……。


春のワルツ 第5話「ピンクトラック」

レコーディングのため、15年ぶりに韓国の地に降り立ったチェハは、その足で幼き日のウニョンが手術を受けた病院へ向かう。職員に無理を言ってウニョンの生存確認を依頼すると、チェハは思い出の市場へとやってくる。実はウニョンはこの市場に、ピンクのトラックでアクセサリーの店を出していた。しかし、あとわずかのところですれ違ってしまう二人。やがて店じまいをしたウニョンは、トラックで市場を出て行こうとする。その時チェハは、目の前を通り過ぎたトラックの中にウニョンの姿を見つけ、タクシーで追いかけるが、結局見失ってしまう。
一方、フィリップもウニョンに会いたがっていた。そして「クリスタル・デザイン・コンテスト優勝」というウニョンの言葉を手がかりに、主催者に問い合わせをしようと思いつく。そのアイディアを聞いたチェハは翌日、フィリップに先んじてコンテスト主催会社を訪れて……。

春のワルツ 第4話「帰郷」

ザルツブルクでのコンサート後のパーティー会場で、イナはチェハに韓国でのCD発売を持ちかける。
イナがレコード会社の理事であることをその時初めて知ったチェハは、「韓国には行かない。
CDも興味ない。僕は君が覚えているチェハじゃない」と、冷たく断わる。
イナはひどくショックを受け、動揺を隠せない。
そんなイナの姿を見たチェハは、イナを「大切な友人」として参列者に紹介する。
喜びを隠せないイナ。
そこへ、フィリップに連れられてウニョンがやってくる。
「僕の彼女」と紹介するフィリップ。
フィリップが冗談で言った言葉が原因で、チェハはウニョンを、男を誘う軽い女だと思い込んでしまう。
ウニョンもそんなチェハの態度に腹を立て、二人の関係は険悪に。

その夜、チェハたちの泊まるホテルに、フィリップに連れてこられたウニョンも泊まることに。
翌朝早く、ウニョンは黙ってクリスタル博物館へと発つ。フィリップへのお礼にと残されていたのは、手作りの貝殻細工。
それを見たチェハは……。


春のワルツ 第3話「星のない街」

島ではチョンテの悪い噂が広がっていた。そんなチョンテを懸命にかばうヘスン。
しかしその直後、ヘスンが必死に貯めたウニョンの手術代が盗まれてしまう。
チョンテの仕業と悟ったヘスンは、チョンテを追ってソウルへと飛んだ……。

その頃、事情を知った島の子供たちによって、スホはひどい嫌がらせを受けていた。
身寄りのないスホに、施設に入るよう勧めるヘスンの友、ポンヒ。
しかし盗まれたお金の大切さを誰よりも痛感していたスホは、チョンテを探し出す決意をする。
小舟で沖へ漕ぎ出そうとするスホ。
そんなスホを見つけたウニョンは危険も顧みず、後を追って海に入る。
どうにかウニョンを引き上げたスホだったが、二人の乗った小舟はどんどん沖へと流されて……。

一方、ソウルでチョンテを捜し歩くヘスンの身にも、悲劇が訪れようとしていた。

春のワルツ 第2話「虹の貝殻」

15年前―――ソウルを追われた賭博師のチョンテは、息子のスホを連れて故郷の島にやってくる。
自分の父親にスホを預けるつもりが、父は既に他界。途方に暮れていたところに、幼なじみのヘスンと再会する。
ヘスンは娘のウニョンと二人暮らし。
体の弱いウニョンに手術を受けさせるため、懸命に働き、お金を貯めていた。
「アメリカでの事業の後始末が終わるまで」と嘘をつき、ヘスンにスホを預けようとするチョンテ。
スホはチョンテに置いていかれまいと必死に追いすがるが、思いは届かず、結局ヘスンの家で暮らすことになる。

ウニョンと同じ小学校に通い始めるスホ。
勉強はさっぱりだったが、ウニョンのお陰で徐々に周囲にもなじんでいく。スホを「お兄ちゃん」と慕うウニョン。
しかしスホは、クラスメイトを相手にギャンブルを行っては、着々とソウルへ渡るお金を貯めていた。

そしてついに「ソウルに行く」と言い出すスホ。ショックを受けたウニョンはスホと言い合いになり、スホは十分なお金も持たぬまま家を飛び出していく。


春のワルツ 第1話「巡り会い」

ウニョンは韓国のクリスタル・デザイン・コンテストで優勝し、ボーナスツアーでオーストリアへと向かっていた。
その飛行機で隣にすわっていた女性、イナは、幼なじみの世界的ピアニスト・チェハに会いに行くのだという。
しかし空港にイナを迎えに来たチェハのマネージャー・フィリップは、イナとウニョンを取り違えてひと騒動。
誤解が解け、ようやくチェハの元へとやってきたイナだったが、チェハはイナを覚えていなかった! 
15年前とはいえ、結婚の約束までしていたのに……。

一方、フィリップは街中で再び出会ったウニョンに道案内をかって出、別れ際にチェハのコンサートのチケットをプレゼントする。
翌日、コンサート会場へ向かう電車に乗ったウニョンは、たまたま同じ客室に乗り合わせたチェハに話しかけるが会話がかみあわず気まずい思いをする。
さらに、ウニョンが荷物の中に入れていたコチュジャンをチェハに浴びせてしまい、すっかり怒らせてしまう……。
ウニョンはお詫びにクマ柄のセーターと、フィリップにもらったコンサートのチケットを渡す。
彼が演奏者その人だとも気づかずに……。


春のワルツあらすじ

ウニョンは韓国のクリスタル・デザイン・コンテストで優勝し、ボーナスツアーでオーストリアへと向かっていた。
その飛行機で隣にすわっていた女性、イナは、幼なじみの世界的ピアニスト・チェハに会いに行くのだという。
しかし空港にイナを迎えに来たチェハのマネージャー・フィリップは、イナとウニョンを取り違えてひと騒動。
誤解が解け、ようやくチェハの元へとやってきたイナだったが、チェハはイナを覚えていなかった!
15年前とはいえ、結婚の約束までしていたのに……。
一方、フィリップは街中で再び出会ったウニョンに道案内をかって出、別れ際にチェハのコンサートのチケットをプレゼントする。
翌日、コンサート会場へ向かう電車に乗ったウニョンは、たまたま同じ客室に乗り合わせたチェハに話しかけるが会話がかみあわず気まずい思いをする。
さらに、ウニョンが荷物の中に入れていたコチュジャンをチェハに浴びせてしまい、すっかり怒らせてしまう……。
ウニョンはお詫びにクマ柄のセーターと、フィリップにもらったコンサートのチケットを渡す。
彼が演奏者その人だとも気づかずに……。


『冬のソナタ』でおなじみのユン・ソクホ監督ならではの切ないラブストーリーです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。