『春のワルツ』3人のいい男

春のワルツ』に出演するいい男3人衆。
それぞれにご贔屓があると思います。
芸術家肌で神秘的な貴公子チェハ、明るく陽気で思い込んだら一筋の気配り名人フィリップ、ちょっと頼りないようでも姉思い、惚れた女にゃとことん弱いサンウ。
どれも捨てがたい魅力がありますよね。
 
3人全部そばにおきたいって?
そんなご無体な!
ひとりだってままならないのに…。
しかしまさにその夢のような状況にあるウニョンは本当に幸せものだ。

3人の登場人物のファンということは、ほぼそのままソ・ドヨン、ダニエル・ヘニー、チェ・シウォンのファンということになるでしょうね。
当然のようにソ・ドヨンファンがやっぱり一番多かろう。
主役ですもんね。
そしてダンディなダニエル・ヘニー。
チェ・シウォンは脇であることとNHK版ではカットが多いのが『春のワルツ』に関しては少数派の要因でしょう。

ひとつのドラマで好きになった俳優さんが違うドラマで、今度はどんな顔を見せてくれるのかは、ドラマを見る楽しみのうちですよね。ソ・ドヨンなんかはそれがすごく期待できる俳優さんだと思います。
ダニエル・ヘニーもこの秋公開の『マイファーザー』でダンディムではない演技力を見せてくれることに期待。
チェ・シウォンも最近、なんか殺人事件の映画にスーパージュニアで出演してますよね。
アイドル映画上のものを見せると豪語していたので楽しみ!
ところでチェ・シウォンは『墨攻』に出ていたと最近知りました。
見たのに気づかなかったよー。

でもこうやって何本も見るとそれぞれどの俳優さんにも愛着がわくし、魅力があるんですよね。
普段の付き合いでもやっぱり相手をよく知ることが、その人を好きになる秘訣かも。

3acter.jpg

★韓国ドラマ春のワルツTOPへ

『春のワルツ』エンディングちょっとネタバレ?

四季4部作の中でも特に人気の高かった『冬のソナタ』。
『春のワルツ』が韓国で放映された際、そのエンディングがそっくりであると話題を呼んだそうです。

『冬のソナタ』は交通事故の後遺症で視力を失ったジュンサン(ペ・ヨンジュン)とユジン(チェ・ジウ)が思い出の場所で再会し、キスをするシーンで幕を閉じました。

かたや『春のワルツ』も主人公ジェハ(ソ・ドヨン)とウニョン(ハン・ヒョジュ)が結婚式を挙げ、2人の縁が初めて始まった青山島(チョンサンド)でキスをするシーンで終わるそうです。

同じ監督の作品なのでやっぱり好みの終わり方があるのでしょうね。
ドラマの展開もよく似てますもんね。
????〓〓〓.jpg

春のワルツ 見どころ

韓国ドラマ『春のワルツ』は、『冬のソナタ』『秋の童話』『夏の香り』の四季四部作の完結版です。
『春のワルツ』はオーストリアで海外ロケを行うなど、前3作に比べ大きなスケールを誇る作品です。
出演は、『私の名前はキム・サムスン』でスターダムを駆け上がったダニエル・ヘニーや期待の若手新人 ハン・ヒョジュ、ソ・ドヨンなど、それまでの作品のようにスターを起用するのではなく、大注目の新人俳優を抜擢した点も大きな話題を集めました。

前3作とは違い『春のワルツ』のストーリーはどこにでもいるような平凡な女の子という設定。
クライマックスに向けて徐々ドラマの真相がに明らかになる展開で視聴者を釘付けにしました。
『春のワルツ』はNHK BS2で10月5日から放送中で韓国内の放送からわずか5ヵ月後にNHKで放送されるのは異例なことで、『冬のソナタ』が巻きこんだ韓流ブームを受けつぐことができるかどうか注目されています。

俳優ハン・ヒョジュは『春のワルツ』以降、KBS SKY 自主制作映画『とっておきのお客さま』に出演する予定。春のワルツ』で主人公ユン・ジェハを演じたソ・ドヨンがは11月4日NHK大阪ホール(1400席)で<ソ・ドヨン スペシャルトーク>にも出演このドラマの人気如何では今後も来日の機会があるかもしれませんね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。